人気ブログランキング |

アンマウントラバースタンプ

ショップで扱っているEZMount Sheetsは、アンマウントラバースタンプにつけて使用します。

アンマウントについての説明:通常の台木がついているスタンプをウッドスタンプ(マウントスタンプ)と言うのに対し、台木がないただのラバーをアンマウントと言います。アメリカでは、台木のないスタンプが多くなってきています。

私はウッドスタンプが好きですが、デザインが気に入れば、アンマウントも使います。いつもは、アクリルブロックにツキネコ社のタックンピールをつけて、その上にラバーをつけて使用していますが、ラバーとタックンピールとの厚みがそんなに変わらないので、インクをつける際に、タックンピールにまでインクがついてしまい、押すときにケツがでてしまうことがあります。
タックンピールがあれば、アンマウントも気軽に楽しむことが出来ますが、お気に入りのアンマウントには、EZMount Sheetsをつけてより使いやすくしておくのもいいかもしれません!

使用方法:
1.アンマウントシートの柄ごとに切り分けする
2.EZMount Sheetsのベタベタ面にアンマウントの裏面をつける
※すごいベタベタなので、いらない紙を机にひいてその上でやることオススメします。
3.アンマウントに沿って切り取る(フッ素加工されたハサミを使用した方がいいです)
4.剥離紙を取れば完了です。
吸着しないような感じがするのですが、アクリルブロックやプラスチックのものには、ちゃんとつきます。

A5サイズで、EZMount Sheetsの半分弱を使用しました。
今回は、試しにTim Holtzさん考案アンマウントスタンプリフィールポケットに収納してみました。ポケットに入れる前に下敷き、厚いトランスパランシーみたいなものは、パッケージ(例.エンボステンプレートのパッケージで使用されている塩ビを切ったもの)に貼り付けてみました。A5サイズくらいのアンマウントシートやクリアスタンプは収納出来ると思います。画像のEZMount Sheetsは薄い(黒い)ものを使用しました。

今はA4サイズくらいのアンマウントシートも多いですよね?その場合の収納方法は・・・・・厚めのクリアファイルリフィールを使ってみるのはどうでしょうか?chihiro

a0075800_2053116.jpg
a0075800_2053263.jpg
a0075800_20534334.jpg
a0075800_2054192.jpg
a0075800_20541776.jpg

by handtohand-work | 2010-02-08 21:03 | 道具 | Comments(0)  

<< ハートのカード 1月のマルマン講習会 >>